ヘルパンギーナと手足口病を比較!違いはウイルスだけではない!

スポンサーリンク

夏風邪として有名な2つ「ヘルパンギーナ」と「手足口病」。同じ夏かぜとしての感覚から、違いがごっちゃになってしまう場合が多いかもしれません。

特徴別に「ヘルパンギーナ」と「手足口病」の違いを比較しました!

ヘルパンギーナと手足口病の違い

病気が違うのだから、ウイルスの違いはありますが、他にもこんな違いがあります!表の下に詳しく解説もしています。

  ヘルパンギーナ 手足口病
流行時期 6月〜8月
なりやすい年齢 特に4歳以下 5歳以下
原因菌 コクサッキーA4 コクサッキーA16,A6など
熱の出方 高熱 出たり出なかったり
ブツブツの症状 喉の奥にでる 手・足・口を中心にでる
感染経路 飛沫感染・接触感染・糞 口感染
潜伏期間 3日ほど 3〜6日ほど
薬・対処法 対症療法 対症療法

日本医師会HP「手足口病」のページ

流行時期は?

夏の6月から8月にかけてが流行時期です。「プール熱」を加えて夏風邪として有名。

症状がきつい、プール熱(咽頭結膜熱)の潜伏期間・登園についてまとめ。
夏の感染症は、名前がとても印象的。プール熱とはプールでの感染が多いことから名付けられました。そのままですね〜暑い夏はプールに入りたくなります...

なりやすい年齢は?

ヘルパンギーナ・・特に4歳以下の子に多い

手足口病・・5歳までの子に多い。

とはいえ小学生でもかかり、流行していました。集団生活の中での感染力は高いです。

大人もかかる?

両方ともかかります!油断は禁物。子供がなった場合は家族もしっかり予防をしてください。

原因菌の違いは?

ヘルパンギーナ・・コクサッキーA4などのウイルス

手足口病・・コクサッキーA16/A6・エンテロウイルス71などのウイルス。

ヘルパンギーナ・・突然の高熱が1〜4日続きます。

手足口病・・高熱がでる場合・中程度の熱・でない場合と様々です。比較的症状が軽くすむ場合も多い。

ブツブツの様子

ヘルパンギーナ・・喉の奥に水泡・潰瘍ができます。痛い。

手足口病・・手・足・口を中心に発心や水泡ができます。お尻や膝のあたりにもでる場合があります。かゆみを伴います。

感染経路

ヘルパンギーナも、手足口病も

  • 飛沫感染
  • 接触感染
  • 糞口感染

が感染経路となります。

潜伏期間

ヘルパンギーナ・・平均3日ほど

手足口病・・3日から6日ほど

薬・対処法

ヘルパンギーナ、手足口病・・共に特効薬はなし。対症療法となります。脱水症状に注意が必要です。

スポンサーリンク

ヘルパンギーナと手足口病の違いをしっかり確認!

ヘルパンギーナの個別記事はこちらです。詳しくヘルパンギーナについて解説しています。

ヘルパンギーナとは?症状を詳しく!薬は効くの?潜伏期間と登園は?
子育てするまでは聞きなれなかった、難しい名前の病気「ヘルパンギーナ」。このヘルパンギーナは夏の感染症の代表選手です。自分の子供が初めてかかっ...

手足口病の個別記事はこちら。手足口病の詳しい情報はこちら!

「手足口病」保育園に登園可能はいつから?症状と潜伏期間などまとめ
手足口病はヘルパンギーナと同様、意識をしたことがなかっただけかもしれませんが、子育てをするまで聞いたことがなかったように思います。手と足と口...

編集後記

私自身、子育てをするまではこの2つの病気について何も知りませんでした。子供達は保育園に通っていたのでたくさんの病気を経験しました。もちろん自己判断をせず病院に連れて行きますが、病気について「知らない」ことは判断を遅くさせますし、症状が悪化する可能性や人に感染させてしまう可能性もあります。

大人もかかることがありますので、看病をするときにも、感染経路や感染期間などは知っておく必要があります。

病気になる前も、なってからも病気についての知識は持っておくようにすれば必ず今後役にたつと思います!

スポンサーリンク
ブログランキング

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
ブログランキング参加中!応援していただけるとうれしいです!