ハロウィンの由来とは?難しい言葉ぬき!簡単に子供にわかりやすく!

スポンサーリンク

かぼちゃ、おばけ、魔女で有名なハロウィン

私が子供の頃には、今ほどさかんに「ハロウィン」行事が行われていなかったようにおもいますがどうでしょうか?

子供ができて、ママ友と一緒に企画をたてて仮装してハロウィンパーティしたり、USJやディズニーランドでもハロウィンイベントが行われたり。

習い事でも10月になるとハロウィンを題材にしたイベントが行われたり。特に、ここ10年くらいでハロウィンが日本でもよりメジャーになってきているような気がしています。

さて、そんなハロウィンですが、どこで生まれたものなのか?ハロウィンというのは知っているけど、できたきっかけはどんなのなのか?

歴史をたどると、宗教的なことや民族的なこと、いっぱい難しい言葉がでてきたのですが、今回は子供にも、大人にもわかりやすく簡単にまとめてみました!パーティーの際にでも、みんなにおはなししてみてください!

ハロウィンの由来とは?

現在、宗教的な意味は持たないハロウィンですが、もとは宗教的行事でした。

ルーツはヨーロッパ地方の民族、ケルト人。

このケルト人の1年の終わりである10月31日には、秋の収穫祭が行われ、亡くなった人の霊が家に帰ってくるとされていました。

この時、悪魔や害のある魔女、霊も一緒についてきてしまうので、悪霊退散の為に仮面をかぶったり魔除けのたき火をしたことが始まった由来です。

スポンサーリンク

ハロウィンが広がってきた

ケルト人の行事がハロウィンという行事の始まりと言われていますが、その後、アイルランドのキリストの教会に影響を与えました。キリスト教最大の教派であるカトリックの祝日「諸聖人の日(万聖節)」の日が11月1日。

ハロウィンは10月31日。「諸聖人の日」の前日です。

諸聖人の日は<All Hallows>と呼ばれていて、その前夜の<eve>がくっついて、

はろうずいぶ→はろういぶ→はろういん→ハロウィン

というふうに(笑)なまってハロウィンとなっていったそうです。

アメリカでは、祝日と記録されたのは19世紀頃。初めの頃はまだ一部民族の行事でしたが、だんだんと受け入れられ、20世紀ごろに定着しました。

ハロウィンの始まりはヨーロッパ。

キリスト教を介してアメリカにも伝わり、一般的な行事になりました!

もともとはキリスト教が始まりではなかったので、キリスト教が中心の国でもハロウィンの行事を行わない国もありますが、今現在ハロウィンが定着しているのは英語を話す国と、ケルト人の国であったアイルランド!

歴史の流れをそのまま感じることができますね。

日本でも英語教育が盛んになってきて、ハロウィンという行事が定着していったのですね。子育て世代なので、この定着していった経緯を肌で感じています!

編集後記

私自身、ハロウィンのイベントがすごい多いなって感じていたので、どのように日本に入ってきたのか興味津々でした。アメリカからだと思っていたけど、ルーツはヨーロッパにあったとは驚きです。

調べると宗教的なことや難しい言葉がたくさん出てきたのですが、わかりやすく簡単にまとめて説明してみました。

スポンサーリンク
ブログランキング

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
ブログランキング参加中!応援していただけるとうれしいです!