簡単にできる!イースターエッグの作り方!描かれるデザインの意味とは?

スポンサーリンク
By: Selena N. B. H.

春に行われるイースター(復活祭)によく見る、色とりどりの卵!!色だけではなく、柄も本当に様々なものを見ることができます。

どれも個性的で、同じものはなく、自分でデザインして作るのも実際やってみるととっても楽しいです。

そんなイースターエッグですが、デザインによる意味の違いがあるのでしょうか?私がイースターエッグを作ったときは何も考えないでデザインをしてしまいましたが、調べるときちんと意味を持つものだということがわかりました。

イースターエッグの作り方とデザインについて見ていきましょう!

イースターエッグの作り方(材料)

私がイースターエッグを作ったときは生卵から作りました!!今思えば本格派?!

ゆで卵を使ってもできるし、プラスチック素材でできた卵型の物を使ったり、発泡スチロールの物もあります。

イースターエッグを作るときに必要な材料は、どのタイプの卵を使うかで材料が変わりますよ。

イースターエッグ基本の材料

★卵(生卵・ゆで卵)または卵型の物

★お絵かき道具

  • 絵の具・筆・パレット・水入れ
  • クレヨン

★デコレーション用品好きなだけ

  • シール
  • かわいい柄のテープなど
  • ビーズ
  • リボン

【生卵の場合はこちらも必要!】

  • ボンド
  • フォーク・ピック・爪楊枝・竹串などの先が尖ったもの

イースターエッグの作り方!本格派vr

生卵を使うと少し難易度が上がるので、本格派と言えるかもしれません!

生卵の場合

 生卵の場合は、卵の先に黄身が出る程度の、できるだけ小さい穴を開けます。

なかなか力加減が難しいのですが、開けたい部分以外にヒビが入らないように慎重に開けていきます。

 無理をせずに、少しづつ開けると成功します。

小さいと言っても、黄身を出すのに直径1センチくらいの穴を私は開けました。

 殻を割らないように、だけど黄身を潰しながら中身が出るようにつついて全部出します。黄身を出したら殻を洗い、しっかり乾かしましょう!

 補強と、穴補修の為、全体に布をボンドで貼りつけていきます!

※そのまま色をつけたりしてデザインしていってもOKです。ただし壊れやすいと思います。

5 布は卵の形に沿うようにはらなくてはいけないので大きいと貼りにくいです。2センチ角程度に適当な形に切り、ボンドをぬりながら重ね合わせるようにして卵全体に貼ります。穴の部分は特に気をつけながら、穴を塞ぐ感じに貼り合わせていきます。

このとき、かわいいいろんな柄の布を重ねてもかわいいし、白い布で覆ってから絵の具で色をつけるのもかわいいですよ!。

生卵の場合、小さい子が一人でするのは難しいかなと思います。ママかパパが手伝ってあげましょう!

イースターエッグの作り方!これなら簡単vr!

生卵を使うとどうしても扱いが難しくなりますが、ゆで卵や市販の卵型のものを使うととっても簡単に作ることができます!気軽に作りたいときはこちらの方法で作りましょう!

用意するもの

  • 絵の具やペンなどのお絵かき用品
  • デコレーション用品(布やビーズやリボン、ボンド)

 ゆで卵の場合は、卵を茹でて準備します。プラスチックや発泡スチロールの卵の場合は、そのままデザインに入りましょう。

すぐにデザインに入れるので、デコレーションをたくさんすることができそうですね!ビーズやリボンを貼り付けたり、お気に入りの布などを貼ったりして楽しんでください!

イースターエッグを長く楽しむなら

作ったイースターエッグを長い間保管しておくのなら、プラスチックか発泡スチロールが絶対おすすめです。生卵で作ったら、遊んでるうちにその日に中が割れてしまいました(泣)ゆで卵も中身が腐ってくるのでやめておきましょうね!

発泡スチロールタイプはこんな感じ。いろんな大きさが選べます!

 

イースターエッグとデザイン

どんなデザインにしようか?イースターエッグを見ているといろんなデザインの卵がありますよね。作っていく前に、デザインにどんな意味があるのかを紹介します。

復活祭のとき、アメリカの食卓に出てくるのは赤い卵だといいます。実際、イースターエッグの写真などを見ていると赤い色をした卵をよく見かけます。

赤のイースターエッグはイエスの血で染まったものとのいわれがあり、イースターの始まりである復活のシンボル的な役割を持っています。

イースターといえばなぜ卵なの?意味と数ある言い伝えとはどんなもの?

血と聞くとちょっと怖い感じもしますが、現在では生命の誕生や若さ、精神の目覚めという意味も持っています。

東欧の国に古くより伝わる「ピサンキ」というイースターエッグのデザインには下記のような意味合いがあったそうです。

木・・・子孫繁栄

太陽・星・・・生命、富、成長

麦の穂・・・豊穣

白・・・清浄、誕生

赤・・・幸福、希望、情熱

青・・・空、健康

exciteニュースより抜粋

イースターエッグを手作りするとなると、自分で複雑な絵を卵に書くことは難しいとは思いますし、あくまでも自由に書くことが基本だとは思います。

 

ですが、上記のようなイースターエッグのデザインの意味を知っていることで、イースターエッグ作りの楽しさは増す思いますし、意識をすることでより心を込めて書くこともできると思いますよ!

編集後記

卵はスーパーで簡単に手に入るので、生卵から作ってもいい経験になると思います!難しいのもおもしろい!

 

春がやってきた頃、みんなでイースターエッグ作りをイベントとして取り入れてもいいと思います♪

スポンサーリンク
ブログランキング

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
ブログランキング参加中!応援していただけるとうれしいです!