妊娠中の便秘は食べ物で解消したい!オススメ食材はこれ!

便秘は食べ物で解消!

妊娠すると、どうしても便秘になりやすくなってしまいます。理由は時期により違うのですが、便秘になる条件が重なってしまうのです。

妊娠中に便秘になってしまった時、できれば薬に頼らず解消したいですよね。そんな時は食べ物を見直してみましょう。オススメ食材をご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠中の便秘の原因は?

妊娠中、つわりや大きくなったお腹がしんどくて、ついつい不規則な生活になっていませんか?

妊娠初期におこる「つわり」は、吐き気やだるさがあるのでついつい食事をとらなかったり、水分をとらなかったりするので摂取量が減り、便秘を招いてしまいます。

妊娠中期以降になると、お腹がどんどん大きくなってきて重く感じ運動不足を招いたり、大きくなった子宮が腸を圧迫し、腸の動き自体が鈍くなってしまいます。

それに加えて、妊娠中を通してホルモンの影響でも腸の動きが弱くなります。

また、体重増加を気にして食事の量を減らすと、便になるものが少なくなるのでこれも便秘の原因となる事があります。

原因はいろいろですが、便秘は早めに解消しておかないとさらに悪化してしまう悪循環になってしまいます。

妊娠中は食べ物や食事の取り方で便秘解消!

薬を使う前に、妊娠中は薬に頼らず自然に便秘を解消したいと思います。便秘解消のためにはまず、1日3回の食事を規則正しく取ることが大切です。

特に重要なのは、朝食!朝、胃が動くことで、腸も目覚め、動き出します。朝食は便秘解消には欠かせないものです。

毎日の食事に、具体的にどのような食べ物を食べると便秘解消に良いのでしょうか?

スポンサーリンク

便秘解消にオススメの食べ物はこれ!

具体的に取り入れたい食材は・・

  • さつまいも
  • ごぼう
  • セロリ
  • 人参
  • レンコン
  • キャベツ
  • えのき
  • こんにゃく
  • わかめ
  • 黒豆
  • グリーンピース
  • 納豆
  • 玄米

毎日の献立に積極的に使っていきましょう。例えば、

  • 朝食は和食にして、納豆を食べる
  • おやつにサツマイモをふかしたものを食べる(レンジでチン!でお手軽に)
  • お味噌汁にワカメとえのきを入れる
  • 夜ご飯のメインに野菜炒め!

などなど・・

普段から取り入れやすい食材ばかりですね★

食物繊維

食物繊維は必須!積極的に食べましょう!上記の一覧にも含まれていますが、

  • ごぼう
  • さつまいも
  • こんにゃく
  • プルーン

などに多く含まれますよ。

水分・油分

水分は妊娠していない時よりも少し多めに取るようにしましょう。妊娠中は、ママにも赤ちゃんにも水分が必要です。水分を摂る事で、便を柔らかくする働きのほか、血流や新陳代謝が良くなり良い事がたくさんあります。

そして、便秘の時は、腸に長い間便がある事でどんどんと水分がなくなり、硬い便になってしまいます。水分を取る事で便を柔らかくしなければいけません。

油分も便秘解消に必要です。摂りすぎはよくありませんが、妊娠中も適度な量の摂取を心がけましょう。

乳製品

ヨーグルト・チーズなど、乳製品も積極的に食べましょう!便秘解消にももちろんですが、胎児の成長や母体にも必要なカルシウムが多く含まれます。

普段からカルシウム不足が心配される日本人。特に妊娠中は意識してたべましょう!

編集後記

食事は毎日のこと。なるべく便秘解消に役立つ食べ物を食べるようにし、それに加えて運動をしたり生活リズムなどを整えていくことで便秘解消に近づくと思います。

でも、どうしても便秘がなおらない、つらいという時は、我慢するとさらに便秘がひどくなったり、痔になってしまったりする場合もあります。そんな時は我慢せずに産婦人科の先生に相談しましょう。

スポンサーリンク