七草粥の揃えておくべき材料は?由来と栄養!いつ食べればいいの?

スポンサーリンク
By: David Pursehouse

お正月を迎え、次は七草粥を食べる日がやってきます。昔からの風習ですが、実際に食べると栄養補給ができる理にかなったものです!七草粥の材料も揃えやすくなっています。今年は七草粥を作って家族で食べましょう!

七草粥はいつ食べるの??

お正月7日は「人日の節句」と呼ばれる日です。

1月7日の朝に七草粥を食べることが風習となっています!

私、最近まで朝に食べる習慣があるということは知りませんでした。時間がない朝に作るのは難しいかもしれません〜!(汗)

七草粥を食べる意味

まずは材料を揃えて作る前に、なぜ七草粥を食べるのか?についてです。

七草粥は中国から伝わってきたもので、平安中期から始まったとされ一般に広がったのは江戸時代です。

おかゆを作るときに入れる春の七草には、強い生命力と邪気を払うとされていました。植物の生命を体に摂取することで、家族が一年間元気に暮らせることを願ったのです。

また、お正月にはおせち料理やおもち、みんなで集まっていろんなご馳走を食べるし、お酒も飲みます。ついつい食べすぎることも多くなります。そんなお正月に疲れた胃を癒し、不足していたビタミンなどの栄養素を補給する意味も七草粥にはあります。

豪華で味が濃いおせち料理が続いた後のさっぱりしたおかゆは美味しいです!

七草粥の材料

地域により差がある場合も有りますが、一般的な七草粥の材料とはこちら!

  • せり
  • なずな
  • ごぎょう(母子草)
  • はこべら
  • ほとけのざ(田平子)
  • ずずな(かぶ)
  • すずしろ(大根)

そして、おかゆですからお米、塩、お好みでごまを用意しましょう!

1月7日が近づくと、七草粥セットが売られているので作りやすいです♪子供とも材料を見ながら春の七草の話をしてみてください!簡単に、材料それぞれの栄養をご説明します!

スポンサーリンク

七草の栄養

これら七種の栄養とは?それぞれはどのような効果を発揮してくれるのでしょうか?

せり・・鉄分豊富、香りがよい!

なずな・・尿を出やすくします

ごぎょう・・風邪を予防してくれる

はこべら・・たんぱく質・ミネラル豊富。昔から薬草として使用されています。

ホトケノザ・・食物繊維豊富

すずな・・ビタミン豊富、消化を助けます

すずしろ・・風邪を予防し消化を助けます。

七草粥の作り方

基本的には、七草を細かく刻み、おかゆに混ぜ合わせお塩で味を整えます。

Cpicon 七草粥 by はなおこ

Cpicon 炊飯器で七草粥(離乳食も一緒に) by milimama

最近ではアレンジバージョンもたくさん出てきていて、味付けに中華スープを使ったり、カツオだしをつかったり、リゾットにしたり!して色々な味を楽しむ人も多いようです。

Cpicon 七草粥☆かんたん中華風☆ by cannaga

その日の気分に合わせて味を変えてもよいですね!しっかり味をつけると子供たちも食べやすいと思います!

編集後記

ついつい忘れがちになってしまうこともあるかもしれない七草粥。家族で一緒に食べて健康を祈り、さらには栄養補給もできちゃうので由来や意味を話しながら食べれるといいですね。

我が家では朝ではなく夜に食べることになってしまいそうですが・・家族でワイワイ食べたいと思います♪

スポンサーリンク
ブログランキング

最後まで記事を読んでいただきありがとうございます!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへにほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
ブログランキング参加中!応援していただけるとうれしいです!